FC2ブログ
風の子保育園・風の子ベビーホーム・風の子児童館
児童館の流行り、「カロム」
風の子児童館では、「カロム」なるボードゲームがひそかに流行っています。

20191220_2.jpg

「カロム」とは、滋賀県の彦根市で主に親しまれています。
購入することもできますが、児童館には木工の得意な職員がおり、設計図を書いて作りました。子どもたちもノコギリで切ってお手伝いしました。
ルールは、ビリヤードに似ており、赤と緑のチームに分かれ、2人以上で遊ぶゲームです。四角い盤の上に並んだ赤と緑の円形のコマを手持ちのコマで弾き、四隅の穴(ポケット)にコマを全部入れていき、最後に王様のコマを入れるのを競うゲームです。そのなかで、ペナルティも数々あります。
ルールがわかりやすく、高学年が低学年に教えてあげたり、学校から帰ってくると「カロム、カロム」と言う子どもも。ゲーム途中で、もめることもありますが、子どもたちで話し合い、解決して、再び楽しく遊ぶ姿が見られます。

20191220_1.jpg

ボードゲームを楽しみながら、子どもたちの仲間意識を高めるものになっているようです。

風の子児童館 by お米
[2019/12/20] | 職員 |
プロフィール

風の子保育園・風の子ベビーホーム・風の子児童館子どもの家

Author:風の子保育園・風の子ベビーホーム・風の子児童館子どもの家
職員が持ち回りで、その時に思ったこと感じたことを綴っていきます。
【ホームページ】風の子保育園
【ホームページ】風の子ベビーホーム
【ホームページ】風の子児童館子どもの家

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

QRコード

QR

リンク